使役犬 ・盲導犬/パピーウォーカー  ・聴導犬  ・介助犬  ・その他
盲導犬/パピーウォーカー
1 - 10 ( 19 件中 ) [ / 1 2 / 次ページ→ ]

引退犬命の物語

引退後の盲導犬達が新たな場所でがんばる姿を追った感動のノンフィクション。

●発行日:2007/11 ●出版社:学習研究社 ●価格:1,260円

>>>>>>>>>>>>●盲導犬/パピーウォーカー →レビュー・詳細・購入

犬たちの卒業アルバム

引退後の盲導犬ボランティアの日々を綴った一冊。

●発行日:2007/09 ●出版社:オクムラ書店 ●価格:1,470円

>>>>>>>>>>>>●盲導犬/パピーウォーカー →レビュー・詳細・購入

パピーウォーカー

将来盲導犬になるように、生まれたばかりの仔犬を約10か月間、一般家庭で育てるパピーウォーカー。仔犬は愛情をいっぱいそそがれ、家族とともにたくさんの経験をして、人に対する信頼を持ちます。人と仔犬の日々を写真と共に贈ります。

●発行日:2006/09 ●出版社:文藝春秋 ●価格:560円

>>>>>>>>>>>>●盲導犬/パピーウォーカー →レビュー・詳細・購入

犬と歩いて…―盲導犬ユーザーの詩

光を失ったユーザーたちにいつも寄り添い、新しい世界へ導き、幸福な光景を見せてくれる盲導犬。44人のユーザーたちが、彼らとの幸福な日々と切ない別れ、人と犬の深い絆をエッセイや詩で綴った、勇気と感動のノンフィクション。

●発行日:2006/06 ●出版社:幻冬舎 ●価格:560円

>>>>>>>>>>>>●盲導犬/パピーウォーカー →レビュー・詳細・購入

震災にあった盲導犬クララ

崩れた家、慣れない生活の始まり。どんなときもクララが支えてくれた…。新潟県中越地震で日本で初めて避難所生活を許された盲導犬クララ、そして最初のパートナー、ハイジ。2頭のパートナーが支えた、中村良子さんの20年。

●発行日:2005/10 ●出版社:双葉社 ●価格:169円〜

>>>>>>>>>>>>●盲導犬/パピーウォーカー →レビュー・詳細・購入

お帰り! 盲導犬オリバー

菊池さん夫婦の盲導犬として10年ちかく働いたオリバーは、年をとったので引退し、子犬時代をすごした佐藤さんの家に戻ります。子犬時代の楽しかった思い出をオリバーは取り戻せるのでしょうか。人と犬の深い絆と愛情の物語。

●発行日:2005/04 ●出版社:ハート出版 ●価格:1,260円

>>>>>>>>>>>>●盲導犬/パピーウォーカー →レビュー・詳細・購入

涙、ぽろり

「パピーウォーカー募集」の文字に心躍るようにして申し込んだ日から早8年。1年という短い時間で私と家族との間を駆け抜けていったそれぞれの子犬たちとの泣き笑いの日々を、ユーモラスにかつ熱い思いを込めて綴った記録。

●発行日:2005/01 ●出版社:文芸社 ●価格:1,470円

>>>>>>>>>>>>●盲導犬/パピーウォーカー →レビュー・詳細・購入

大きなチビ、ロイド

盲導犬候補の子犬ロイドと、パピーウォーカー(育ての親)の安藤夫妻の1年半に及ぶ愛情豊かな日々を、日本初の盲導犬チャンピイの主人であり、現在ロイドを4代目のアイメイトとする著者が、夫妻がつけた成長記録を元に綴る。

●発行日:2004/12 ●出版社:文芸社 ●価格:1,365円

>>>>>>>>>>>>●盲導犬/パピーウォーカー →レビュー・詳細・購入

わかる!盲導犬のすべて

「盲導犬ってどんないぬですか?」「盲導犬と歩くとどんないいことがあるの?」等、盲導犬に関する質問とその解答について、Q&A形式で紹介する。コラムや著者の体験を語ったメッセージも掲載。盲導犬をより理解できる。

●発行日:2004/12 ●出版社:明石書店 ●価格:1,890円

>>>>>>>>>>>>●盲導犬/パピーウォーカー →レビュー・詳細・購入

盲導犬ジョナと登った3,000m

落ちこぼれ犬・ジョナは、日本で、世界で、一番高いところに立った盲導犬。富士登山、日本縦断マラソン、百観音巡り…。塞ぎがちだった主人の人生をバラ色に変えた、盲導犬の物語。

●発行日:2004/11 ●出版社:学習研究社 ●価格:338円〜

>>>>>>>>>>>>●盲導犬/パピーウォーカー →レビュー・詳細・購入
1 - 10 ( 19 件中 ) [ / 1 2 / 次ページ→ ] [↑ページTOPへ]