充分な知識を習得し、自分の生活に合った犬種を決めたら、
さぁ、お目当ての犬を購入しよう!

ペットショップ、ネット、オークション、ブリーダー・・・・ 
又、ボランティア団体、保険所や知人からの譲り受けなど、
色々あるけど、どこで購入すのがベストなのか、迷ってしまう。

どれが良いかは一概には言えないものの、
重要なのは判断出来るだけの知識と情報を得ておくこと。

ほとんどの繁殖業者は、愛情をこめて子犬を大切に育成しているが、
残念なことに、そうではない業者が数多く存在していることも事実。

犬の繁殖は比較的簡単で誰にでも出来るため、
パピーミル的なブリーディングが社会問題にもなっている。
金の成る木としてしか考えず、先天的な病気や遺伝性疾患などについては全く配慮せず、
劣悪な環境でひたすら交尾をさせるのみ。  産めなくなったり病気になると、
想像すらしたくないような悲惨な結末が待ち受けている。

こうした劣悪な環境下で生まれた小犬達は、ペットショップやネットなどで販売され、
原因不明や先天的な病気で悩まされるケースも多発している。
難しいものの、悲惨な状況を避けるためにも、現実をしっかり見極める力も必要。

最もポピュラーな購入先としてペットショップがある。
多くの犬種を扱っており、気軽に子犬に接することが出来るのも大きな魅力。
反面、狭いショーケースやいつも多くの人にさらされている環境は、
子犬にとっては常にストレスとなる。
又、多くの犬種を扱っている為か、専門的な知識に乏しい販売員もいるし、
稀に仕入れ経路が不透明な場合もあるようだ。

飼育環境など、納得がいくまで質問することも重要だ。
ショップの評判、店構え、衛生状態、伝染病に対する予防策なども確認しておこう。
子犬に触れる際、手に消毒剤を吹き付けているかをチェックするのも一つの方法。

ペットショップの中には、特定の犬種に特化した専門店もあり、
ここではより的確なアドバイスや、情報を得ることが出来るかも知れない。

ネット専用のペットショップも数多く存在する。
写真や簡単なコメントだけで、実際に目で見たり
触れてみることが出来ないので、見極めは非常に難しい。
反面ペットショップなどに比べて、比較的お手頃な価格帯が設定されているのが特徴。

ネット上で販売されていても良い犬は沢山いるが、
パピーミルで生まれた子犬も氾濫しているので、
写真だけで判断するのは難しいのも事実。
ショップの評判を事前に調べておくだけではなく、
どうしても気になる場合は、 実際にその犬を見せて貰うくらいの心構えが必要だ。

ブリーダーと一言でいっても、優良ブリーダーからバイト感覚の乏しい知識で
繁殖しているケースや、パピーミル的なブリーダーも存在する。
その中でも、特定の犬種に特化したブリーダーは、深い知識を持っているケースが多い。
又、ペットショップなどのように仲介が入らないため、
より安く入手できる可能性もある。

どのケースでも言えることだが、販売後のアフターケア、
犬種の特徴などの説明を受けると共に、 衛生管理や、
子犬の飼育環境の見学といった点を満たしているブリーダーを探すことが重要。

良心的なブリーダーは、買う前に見学をさせてくれるケースが多く、
子犬の両親を見せてくれる場合もある。
見学の際、どんな環境で育てられてきたかを良く把握し、計画性と愛情を持って
育ているブリーダーを選ぶのが大事なポイントとしてあげられる。

人間の身勝手さゆえ、捨てられたり、迷子になったり、虐待されたり・・・
不幸な結末を迎える動物は後たたない。  
しかし一方では、 動物への理解と愛護の心を広めるために
活動している団体も、数多く存在している。

ボランティア団体などから犬を引き取り、愛情を込めて接することにより、
不幸な境遇の犬を 少しでも救うことが出来るかも知れない。
ただ虐待を受けた経験のある犬は、人間に対する恐怖心や
不信感から問題行動をおこしたり、 躾が難しい場合もあり、
安易に引き取るのは難しいかも知れない。

引取りの際に、審査を行っているところも多く、真剣に向き合う必要がある。
今まで辛い経験を強いられてきただけに、
愛情を注ぎ幸せにさせてあげたいものですね。

友人や知人から譲り受けるケースもあるでしょう。
後々のトラブルを避けるためにも、なぜ譲ることになったのか、
その理由もきちんと聞いておく必要がある。

ただ可愛いからとかだけではなく、
引き取る際には健康状態なども冷静にチェックしておこう。
目やにが無いか、皮膚や肛門付近がただれていないか、
親の状態、アトピーなどについても 納得が行くまで質問することが大切。

購入後、遺伝的疾患やアレルギーなどの症状があらわれ、
購入先にその症状を訴えると 何も無かったように、
単に同類の子犬と交換するといった対応を、取っている店も少なくない。
少しの間でも、無力で無邪気な子犬と一緒に過ごせば情も移り、
この様な対応は 飼主の気持ちを無視した、余りにも思いやりに欠けた行為といえる。

店の条件を鵜呑みにするのではなく、納得がゆくまで毅然とした態度で接し、
決して泣寝入りするような事だけは止めよう。
最低でも治療費の負担といった形で、責任を取って貰うことが必要です。


■データ→ 飼う前に住まいしつけ健康管理フードケアお出かけ
      カフェウェアー出産・頻繁老犬・介護  [↑ページTOPへ]