栄養素をバランスよく摂取する事が、
犬の健康を保つ為には大切です。
必要な栄養素は、タンパク質、脂肪、 炭水化物、ミネラル、ビタミンと水です。
人間とは違い、自分で食事を選ぶ事の出来ない犬は、
飼主から与えられたもののみを、
そのまま栄養源として生活していくことになります。
食事の種類や与え方によっても、犬の健康状態は大きく異なってくるでしょう。
今では様々な良質なペットフードが低価格で販売されており、
飼主はドッグフードを選ぶ際には商品を充分に吟味し、
それぞれの特徴を良く知っておく必要があります。
犬にとって理想の食べ物は、栄養バランスにも配慮した
ペット用のドライフードですが、急にペットフードを変えると、
消化不良や下痢の原因となることもありますので、
以前のフードと混ぜ合わせる等、工夫をすると良いでしょう。

ドッグフードの種類は色々ありますが、
ドライフードが最も栄養バランスも良く経済的でしょう。
ドライフードはドッグフードの主流で、
水分含有量が10%以下の固形のフードです。
開封後も腐敗しにくく、保存性に優れていますが、
高温多湿の場所は避けましょう。
栄養素として、タンパク質や炭水化物、
脂肪などがバランス良く含まれており、犬の健康管理には、
最適な食べ物と言っても過言ではないでしょう。
ドライフードは水分が少ないので、
犬が何時でも水を飲めるようにしておきましょう。

水分含有量が25〜35%程度で、ドライとウェットタイプの中間です。
特徴としては、やわらかく風味が強く、堅い物を噛めない子犬や老犬には
半生タイプのフードがむいているかもしれません。
犬の嗜好性は高いが、栄養価はドライフードより落ちる場合があります。

水分含有量が75%以上で、牛肉、鶏肉、
魚や野菜などの素材が多く、犬の嗜好性も高い。
生鮮食品と同様扱いなので、保管には注意を払い開封後は早めに与えましょう。
栄養バランスが万全ではない場合が多く、成分表記を確認するのは大切です。
値段は少しですが、高めに設定されているケースが多いようです。

アレルギーの恐れがある場合には、
低アレルギーと表示されたフードを選びましょう。
アレルギーの原因も様々なので、
フードを選ぶ際にはアレルギーの元を突き止めて、
その原因となる成分が含まれていないことを、成分表記により確認しましょう。
アレルギーを発症すると、皮膚が赤く爛れる事もあり、
獣医師に相談すると良いでしょう。

間食は与える必要はありませんが、
訓練などのごほうびとして犬用ガムやジャーキーを与えるのも良いでしょう。
嗜好性が高く、ほとんどの犬は大変喜ぶので、
ついつい与え過ぎてしまい勝ちです。
カロリーオーバーや、肥満の原因ともなりますので、注意が必要です。

肥満犬用のフードは、低カロリーの脂肪量が少ないのが特徴です。
肥満は心臓病、関節の病気や肝機能の低下などを招く要因となりますので、
早めに、かかりつけの獣医師の指示をあおぐと良いでしょう。

老犬用フードは、蛋白質や脂肪分、カロリーが控えめなのが特徴です。
消化や内臓に負担がかからないように、ナトリウム等の栄養素が抑えられています。

成長期の子犬は一度に多くの量を食べれない上、
多くの栄養素とカロリーを必要とします。
その為、他のフードと比較して栄養素が非常に高いのが特徴です。
栄養過多や肥満の原因になりますので、成犬には与えないようにしてください。

人間には何の問題もない食べ物でも、
犬にとっては健康を害してしまうものがあります。

ネギ類(タマネギや長ネギ)
 犬の赤血球を溶かす成分が含まれており、中毒を起こす可能性があります。
 熱した場合も同様ですので、ハンバーグやすき焼き等は与えないで下さい。

イカ、タコ、エビ、カニ(消化の悪いもの)
 消化不良や嘔吐の原因となり危険です。生ものも同様です。

チョコレートや菓子類
 チョコレートに含まれる成分が心臓や中枢神経を刺激し、
 中毒を引き起こす可能性があります。
 又、糖質や脂肪が多く極めて危険です。

刺激物(タバスコ、唐辛子など)
 胃を刺激し、肝臓に負担をかけ、感覚を麻痺させる危険性があります。

牛乳
  犬には乳糖を分解する酵素が少ない為、
 下痢を引き起こす危険性があります。
 与える場合には、子犬用のミルクを与えてください。

熱いもの・冷たいもの
 急激な刺激は、下痢を引き起こす可能性があります。

塩分の多いもの
 犬は人間ほど塩分を必要としていないので、
 体に悪影響を及ぼす可能性があります。


 消化器等に刺さり、消化障害の原因になる恐れがあります。


 生卵の卵白は消化しにくく、下痢を引き起こす原因となります。



■データ→ 飼う前に住まいしつけ健康管理フードケアお出かけ
      カフェウェアー出産・頻繁老犬・介護  [↑ページTOPへ]