生活をする上で日常の散歩以外にも、犬と一緒に外出する機会があるでしょう。
縄張り意識の強い犬は、飼主と一緒でも知らない場所にいくと不安を感じる事があります。
幼い頃から外出したり、乗物に慣れるように習慣付けるのも良いでしょう。
お出かけ時には、キャリーバッグの中で静かにしているように躾けましょう。

車は犬の移動手段として、非常に便利な乗物です。
遠出や帰省をしたり、犬を車に乗せる機会は意外に多いことでしょう。
しかし慣れない間は、異常に興奮したり乗物酔いをすることもあります。

犬を少しでも早く車に慣れさす為には、飼主は先に乗り、
車の中は安全で、快適な空間である事を犬に示しましょう。
怖がる犬を無理矢理乗せるのはやめ、
自分から乗ることが出来るように導きましょう。
お気に入りのおもちゃや、
おやつなどで誘導するのも良いでしょう。
車内に入ったら誉めてあげ、
乗車時間も最初は短かめで徐々に伸ばしていきましょう。

車酔い
 個体差があり、どうしても車に慣れない犬も中にはいます。
 あくびを頻繁にしたり、そわそわしてきた場合は車酔いの徴候です。
 車に乗る直前の食事は避け、犬を空腹状態にしておくと良いでしょう。
 少しでも車酔いを軽減させるには、
 犬用の酔い止め薬を服用するのも良いでしょう。
 車内では窓を開けるなどして、
 換気には十分に注意を払いましょう。

走行中の注意
 体の小さい犬は、急ブレーキなどで
 ぶつかったり転んだりする可能性があり危険です。
 キャリーバックやゲージに入れ、後部座席に安定させると良いでしょう。
 膝の上に乗せる場合には、しっかり手で支えたあげてください。
 転落防止などを考え、窓は開け過ぎないよう注意しましょう。

長距離
 長距離ドライブの場合には、こまめに休憩を取り、
 気分転換ができる環境を作りましょう。
 トイレや水分補給にも十分な配慮をし、
 愛犬の状態を常に観察してください。
 パーキングなどで車から外に出す時は、リードをつけてからとし、
 急に飛び出すことがないように、気を付けましょう。

留守番 
 犬だけを車の中に残さなければいけない場合には、
 日陰に駐車し、窓を少しだけ開けておくなどして、
 温度と換気に配慮しましょう。
 夏場は車内の温度が上昇し、日射病や熱射病にかかる危険性があります。
 犬だけを車内に残して置く事は、絶対にやめましょう。


電車やバスなどの公共の乗り物は、不特定多数の人が利用します。
犬が苦手な人もいる事を念頭に置き、周囲に最善の配慮が必要です。
ペットの利用規定は、各社によって異なりますので事前に問い合わせましょう。

国内線
 客室に犬を持ち込む事は出来ず、
 受託手荷物として預ける形になります。
 ゲージは動物の安全な航空輸送に支障がなく、
 他の搭載物に被害を与えないと
 判断された場合のみ持ち込む事が出来ます。
 原則としては、会社指定の物を使用する事になります。
 運送中には餌や水の補給ができないので、
 事前に済ましておきましょう。
 料金や受け入れ条件は、各社によって異なりますので、
 事前に問い合わせてください。

国際線
 予約が必要で、客室に持ち込む方法と
 受託手荷物として預ける方法があります。
 動物検疫所で様々な検査を受けたり、
 帰国時も輸入検疫を受ける必要があります。
 料金や受け入れ条件は、各社によって異なりますので、
 事前に問い合わせください。
 尚、国により係留期間などが異なるので、
 大使館や動物検疫所で確認しておきしょう。


■データ→ 飼う前に住まいしつけ健康管理フードケアお出かけ
      カフェウェアー出産・頻繁老犬・介護  [↑ページTOPへ]