温泉旅館などで、愛犬との楽しい休日を過ごすには、
色々と配慮すべき点や注意をすべき事柄があります。
お泊まりは、周囲の人に迷惑をかけず、
人間社会のルールを守る事が大前提になります。

ムダ吠えや排泄など、基本的な躾けが充分でない場合には、
旅行先で問題を引き起こす可能性もあります。
飼主は事前に基本的な躾けはもとより、
節度ある行動を心掛けるようにしましょう。
旅行のプランを立てる際には、
旅の目的や愛犬との過ごし方などを前もって考慮したうえで、
行先や宿泊先を決めると良いでしょう。


確認事項 
宿泊先にペット同伴についての規約を確認してください。
ペット可の宿でも、利用出来る施設に制約がある場合や、
犬種によっては、施設が利用できない場合もあります。
又、頭数によって、料金体系が異なることもあるので注意が必要です。

基本マナー 
 最低限のマナーとしては、次のことがあげられるでしょう。
 *狂犬病などの予防接種を受けている。
 *健康で、発情中か発情前後ではない。
 *ノミダニ対策をしてある。
 *無駄吠え、トイレなどの基本的な躾けができている。
 *飼主の命令に忠実である。
 *宿泊先のルールを守る事が出来る。

持ち物 
 宿泊に際しては、事前に用意しておくべき物の確認をしておきましょう。
 *リード、首輪
 *キャリーバッグ、ケージ
 *トイレセット
 *食事用と飲み水用の食器
 *使い慣れている敷物
 *お気に入りのおもちゃ、おやつ
 *マナーバッグ
 *消臭剤.....など。

チェックイン 
 飼主がルールを再確認し、宿泊先の入館許可を得てから犬をいれましょう。
 入る前にはペットの足を拭くなど、
 常に清潔な状態を保つように心掛けましょう。
 散歩など、外出から戻った場合も同じです。
館内 
 宿の規約に従いましょう。
 キャリーバッグに入れる、リードを付けるなど、
 周囲の人に気を配るようにしましょう。

客室 
 客室では寝場所やトイレ、
 給水所などは普段の環境に出来る限り近づけましょう。
 ベッドやソファに犬を乗せることを禁じている宿も多く、注意が必要です。
 もし、粗相や壁などを傷つけてしまった場合には、
 宿の人に報告するようにしましょう。

チェックアウト 
 抜毛などの処理をし、
 チェックインした時と同じ状態に戻すのが基本です。
 消臭スプレーで犬の臭いを消し、
 排泄物の処理なども忘れないようにしましょう。



■データ→ 飼う前に住まいしつけ健康管理フードケアお出かけ
      カフェウェアー出産・頻繁老犬・介護  [↑ページTOPへ]