出産や繁殖には、遺伝性疾患などの問題があり、
あまり安易に考えないようにしましょう。
新しい命を育てられるかどうか、
たとえ障害や遺伝性疾患を抱えたて生まれてきたとしても、
掛替えのない命として、生涯にわたり責任をとれるかどうか、
今一度自問自答してみてください。

犬の遺伝性疾患は以前から存在しましたが、
近年増加傾向にあるといわれています。
医学の進歩と共に、現在では数百種もの遺伝性疾患が確認されており、
その犬がどのような遺伝性疾患を持っているか、
検査により容易に判明できます。
遺伝子疾患を持った犬は、繁殖には向かないので、出産は断念しましょう。
検査の結果、遺伝子疾患を持っていたとしても、
その犬の価値が下がる訳ではなく、
只単に、繁殖には不向きという結果が出ただけと受け止めるべきです。

● 関節形成不全症

● 肘関節形成不全

● 膝蓋骨脱臼

● 眼の疾患



■データ→ 飼う前に住まいしつけ健康管理フードケアお出かけ
      カフェウェアー出産・頻繁老犬・介護  [↑ページTOPへ]