ぽかぽか陽気に誘われ、何かとワンコとの外出機会も増える今日この頃。 

地域差はあるものの、夏が近づくこの季節はフィラリア予防を始める時期でもあり、予防には通常5月〜12月までの間、毎月一回予防薬の投与を行います。

フィラリア予防について耳にしたことはあるものの、実際にはどんな病気なのかいまいち解らない人も多いはず。

今回はそんな方々のために、フィラリアについて簡単におさらいしてみましょう。
蚊を媒体としてフィラリア(犬糸状虫)が、心臓や肺の血管に寄生することにより発症します。
心臓付近に多数寄生するようになると、心臓の働きを著しく阻害し、
やがては死に至る事もある怖い病気。

初期段階で感染の有無を見極めるのはかなり難しく、なかなか気づきませんが、
物が詰まったような軽い咳から、徐々にゼーゼーした咳をするようになります。
又、運動を嫌がるようになったり、血尿や食欲不振などの症状もみられます。

毎月一回予防薬を投与し、犬の体内に入ってしまった幼虫を駆除します。
フィラリヤ薬は、過去一ヶ月の間に侵入したフィラリア幼虫を、
心臓や肺に達する前に駆除する薬で、正確には予防薬ではなく駆除薬なのです。

予防薬投与に際しては、感染の有無を確認するための検査が必要です。感染犬にフィラリア予防薬を投与すると、体内の成虫が一気に駆除され、まれにフィラリアの死骸が血管に詰まり、死にいたる場合もあるので注意が必要。前年度にフィラリアの予防薬を投与していても、何らかの原因で感染している恐れもあり、再チェックを心がけましょう。

予防を怠ると半年ほどでフィラリア幼虫が、心臓や肺に住みつき成虫に発育。成虫に成長してしまうと、通常の予防薬では処置できず、注射で心臓内の成虫を直接駆除するとか、心臓手術による成虫の摘出といった大掛かりな処置が必要となります。いずれにしても小さな体の犬にとっては、負担が大きく危険も伴います。

予防薬が普及する前は、死亡原因の上位を占めていたほどで、生命に関わる重大な病気です。大切な愛犬に辛い思いをさせないためにも、ぜひフィラリア予防を行って下さい。薬の種類や投与方法など、不明な点はかかりつけの獣医さんに相談してみよう。

         
           [↑ページTOPへ]