散歩の目的はストレス解消に始まり運動や日光浴と様々。普段から何気なく行っているワンコとの散歩も、特に夏場は危険が一杯。ちょっとした不注意が、思わぬ事態を招くこともあるので注意を払いましょう。
ワンコともども、暑い夏を健康で快適に乗り切る為に、是非「知っていて欲しいこと」をまとめてみました。
まず第一に注意したいのは、炎天下の散歩は避け、早朝や夕方の涼しい時間帯を選びましょう。

散歩時、ワンコは人間よりもずっと地面に近い位置にいる事を忘れないでください。 小型犬の場合には、地面からの距離はわずかに10cmから20cm、反射熱だけでもかなりの影響を受けます。特に炎天下でのアスファルトの表面温度は、照り返しの影響で40度から60度にもなり、 肉球が火傷を起こしてしまうこともあります。

裸足で常に散歩をしている犬達ですが、皮膚は思っているほど丈夫ではないのです。 外気や紫外線などに慣れている人間の皮膚と比べても非常にデリケートで、粘膜の上に薄皮1枚が乗っているだけの状態を想像してみてください。
飼主は手でアスファルトに触れてみて、熱いというほどではなくても、暖かいと感じられれば、散歩には不向きな時間帯であると判断しましょう。地域差はあるものの、夏場のアスファルトの表面温度は朝7時を過ぎれば、相当熱くなっている可能性もあるのです。また夕方気温が下がってきたといっても、アスファルトはすぐには冷えないことを覚えておきましょう。
ワンコは人間と違い、体温調節の働きをする汗腺が肉球にしかなく、暑さが大の苦手。本質的に体温調節が苦手で平熱も高いことから、熱中症・熱射病にかかり易く、特に子犬や老犬には細心の注意を払いましょう。
熱中症を発症すると舌を大きく出し、体温を下げようとせわしなく息をします。症状が悪化すると、ぐったりしてしまい排尿がみられることもあります。 直ちに日陰の風通しの良い所に移動し、応急処置として全身に水をかけたり、濡れタオルで体を拭くなどしてできるだけ体温を下げ、動物病院に連れて行きましょう。
どうしても昼間のお散歩が必要な場合には、アスファルトを避け木陰の多い公園などに連れて行きましょう。そしてこまめに水分補給をするとともに、頻繁に身体に水をかけるなどして体温の上昇を防いであげましょう。

せっかくの楽しいはずのお散歩も、飼主の不注意から重大な事故につながりかねません。夏場のお散歩は、「早朝と夜に」を心がけましましょう!

[↑ページTOPへ]