可愛い愛犬から、そのつぶらな瞳で見詰められると思わず顔をスリスリさせてしまう飼主も多いはず。
 
そこでプ〜ンっと気になるは、愛犬の口臭。
ある統計では、成犬の実に80%以上が歯周病にかかっているという。
歯周病は歯肉炎や歯周炎の総称で、歯石や歯垢中の細菌繁殖により発症します。 歯肉に炎症が起こった状態を歯肉炎、また、その炎症が進行悪化し、歯を支えている歯周組織が破壊され、痛みを伴う状態を歯周炎と言います。

症状が酷く、そのまま放置しておくと、口臭がしだいに強くなり、 歯肉がブヨブヨと赤くはれ、歯が抜けたり、あごの骨が溶ける場合もあります。また、細菌が血液を通じで体内に運ばれることもあり、 心臓病や肝臓病等を引き起こすだけでなく、全身の健康状態にも悪影響を及ぼす可能性がある非常に怖い病気なのです。

予防策としては、日頃からのきめ細かなケアが必要で、歯磨きの励行、食事のバランスに注意することが重要です。
愛犬の歯の根元や表面が黄色がかったり、灰褐色の物質が付着している場合は、歯周病の主なる原因となる歯石・歯垢と呼ばれる物であることは、まず間違いないでしょう。 歯石・歯垢がつき始めた段階なら、歯磨きを実施する事でかなりの予防ができます。

口元を触れられて嫌がる愛犬も多いので、幼い頃から歯磨きの習慣を心がけましょう。 まずは、口の中を優しく触れたり、歯肉をマッサージする事から初め、慣れてきたら徐々に歯ブラシに移行すると良いでしょう。最低でも週2、3回は実施するように習慣づけて下さい。 またペット用の液体歯磨き、噛んで歯垢を落とすタイプのおもちゃやフードもあります。
歯周病予防のポイントはなんと言っても、日頃から愛犬の口の中をチェックする習慣をつける事。コミュニケーションをはかる意味でも日頃からのケアを心掛けて下さい。それでも、歯垢は溜まってしまうもので、年に一度は動物病院で診察を受けてもらうと良いでしょう。

下記のような病状がみられたら要注意!!

●口臭が強い  ●歯肉が赤くはれている  ●歯が
ぐらぐらしている  ●歯ぐきから出血がみられる  
●歯が抜ける  ●口元を気にする  ●食べこぼしが
多い  ●食欲があるにもかかわらず、痛みにより
食べようとしない  ●黄色がかったり、灰褐色の
歯石が溜まっている
                                 [↑ページTOPへ]