寒さも心持ち和らいできたものの、まだまだ寒い日が続いています。犬は比較的寒さには強い動物ですが、温かな室内での暮らしに慣れた犬達にとって、この季節は寒暖の差も激しく、健康面、特に関節に対する注意が必要です。

真冬の間は、一日中暖房の効いた室内で、まったりと過ごすのが日課となっていたワンコ達。そんな日々も、窓から差し込む冬日が徐々に心地良く感じられ、人にとってもワンコにとっても、外出する機会は、徐々に増えて来ているのではないでしょうか。

前回は『知っておきたい冬の病気』として、泌尿器系疾患についておさらいしましたが、今回は冬から春にかけての病気として以外に多い、『関節などの疾患』について詳しく述べてみましょう。
冬に関節の痛みを訴える人は、意外に多いものです。犬達も人間同様、冬季は骨関節系疾患や、神経異常などの発症事例が多く見られます。

骨関節系疾患の原因としては、様々な要因があげられますが、まず第一の要因としては、寒さによる『血行不良』が挙げられるでしょう。

血行が悪くなると周辺の筋肉が硬直するので、動かす頻度の高い関節には思わぬ負担がかかります。特に関節炎を患っている老犬や、肥満犬には注意が必要です。
健康な犬の関節には、接合面を保護し、動きを滑らかにする役割を果たす『軟骨』がしっかりとありますが、高齢犬は加齢などにより軟骨がすり減っており、特に冬場は、関節痛を引き起こす確率が高まります。更に悪化すると炎症を起こし、関節炎を患ってしまう可能性すらあります。

『関節などの疾患』は、何も老犬に限った事ではなく、体型や犬種によることもあります。冬は外に出る機会が少ないため、運動不足による肥満傾向にあり、ちょっとした体重増加が、犬達の関節には大きな負担となります。

また、関節が暖まっていない状態で、ジャンプや走り回ったりするなど、過激な運動は危険です。普段から寒くても、愛犬には適度な運動をさせるように工夫しましょう。関節と軟骨に思わぬ負担をかけない為にも、適度な運動と肥満予防は欠かせません。
太り気味と判断したら、直ぐにダイエットに取り組みましょう。可愛いいからといって、好きな時に好きなだけ食事を与えていると、飼主の手によって、大切な愛犬の寿命を縮める事にもなりかねません。

ダイエットがどうしても難しい場合には、獣医の指導の元、低カロリーで満腹感の高い、煮野菜中心のヘルシーメニューに切り替える等の対策が必要です。

飼主は取り返しのつかない事態に陥る前に、最善の注意を払って、愛犬の健康管理に努めるべきでしょう。
以上、簡単に纏めてみると次のようになるでしょう。

こんな犬は気をつけて/発見のポイント
高齢犬(特に小型犬)  太り気味の犬
元気だったのに急に歩くのを嫌がる。  足を動かしたときに痛がって鳴く。

予防法
定期検診を受ける。
散歩などの運動時に、過度な負担をかけないようにする。
寝起きや散歩にでて間もない時間帯は、急激な運動は避ける。
ボール遊び等は、ウオームアップにより関節と体を温めてから。
運動不足になりがちな冬場は、室内で軽い運動をさせましょう。
フローリング等、犬が踏ん張る事が出来ない場合には、
 関節や心臓に思わぬ負担がかかるので、犬達の行動範囲には、
 滑り止めカーペットを敷く等の工夫が必要。
何よりも重要なのは、肥満予防に努め、標準体重を維持することです。

       
                         [↑ページTOPへ]