ゴールデンウィークは愛犬とドライブに出かけてみよう!

すっかり暖かくなりポカポカ陽気が期待できるこの季節。
大好きな愛犬と一緒に住み慣れた街を離れ、車で遠出してみませんか。

海や山、自然を満喫しながら開放感に浸り、都会では味わえない美味しい空気を吸えばワンコもきっと喜ぶはず。
愛犬とのさらなるスキンシップを大切に、
さぁ、車で出かけよう!

ワンコとお出かけするにも、それなりの準備が必要。せっかくの楽しいはずの旅行が台無しにならないよう万全の事前準備で安心楽しくお出かけしよう。

犬は非常に繊細な動物。いつもと違う環境にストレスを感じ、乗物酔いや興奮状態に陥ることもあります。
車に対する悪いイメージを与えないよう、日頃から少しづく車に慣れるように習慣付けることが大切。乗車時間も始めは短かめで徐々に伸ばしていこう。どうしても車を怖がる場合は、飼主が先に乗り、車内は安全で快適な空間である事を示してあげよう。

さぁ、車にも慣れてきたし、いざお出かけ!
食事は出かける2〜3時間程前に与えよう。量も通常よりは少なめで、多少空腹感が残るくらいの状態がベスト。普段より時間帯が大きくずれる場合などは抜いても大丈夫。

水分補給も忘れずに、ただしがぶ飲みはさせないように。必ずトイレは車に乗る前に済ませる事。個体差があり、どうしても車に慣れないワンコもいます。いつも車酔いをする場合は獣医さんに相談。犬用の酔い止め薬を服用させるのも良いでしょう。


・食事は出発の2〜3時間程前に。

・食事量はいつもより少なめ。
 抜いても大丈夫。

・お水は喉を潤す程度。
 がぶのみはさせない。

・トイレは車に乗る前に済ませる。

・車酔いをする場合は獣医に相談。
 酔い止め薬も。

 
ドライブ中は常に安全運転を心掛けよう。

体の小さなワンコは、急なブレーキや急発進などでぶつかったり転んでしまう危険性も。車内をうろうろしないよう特定の場所を確保し、キャリーバッグやゲージに入れ座席に安定させると良いでしょう。各メーカーからドライブ用の専用ボックスが販売されているので要チェック。

いうまでもありませんが、ドアや窓はロックし、車内の温度を一定に保つ事も忘れずに。愛犬の様子はこまめにチェックし、少しでも様子がおかしい場合は、慌てずに安全な場所に停車してから対処してください。


・安全運転を心掛ける。

・居場所を確保し、固定する。
 車内をうろうろさせない。

・ドアや窓をロックし、
 車内の温度を一定に保つ。

・様子をこまめにチェックする。

 
せっかくの楽しい旅行も、ワンコの調子が悪くなれば台なし。長距離ドライブは想像以上に負担が掛かるもの。こまめに休憩をとり、気分転換できる環境を作りましょう。

ただし、パーキングに着いたからといって直ぐに飛びだすのは絶対にやめよう。パーキングでの事故は以外に多いのだ。思わぬ行動が大惨事を招く可能性があり、飼主は最善の注意をはらいましょう。

もっとも危険なのはドアを開けた拍子にワンコが飛び出してしまう事。ハーネスやリードを慎重にチェックし安全を確認してから出ましょう。この行動を習慣づける事が重要。ワンコの命を守るのは飼主しかいないのです。

サービスエリアや人ごみなどでは、リードを短く持ち安全を確保すると同時にマナーを守る事にもなります。


次回はお勧めドライブコースを紹介します。


・一時間を目安に休憩を取る。

・お水は喉を潤す程度あたえる。
 かぶのみはさせない。

・車外に出る時は、必ずリードを付け、
 周囲の安全確認をする。

・可能であれば軽く散歩をさせる。

・排泄をさせる場合は周囲の迷惑
 にならない場所で。片付けも。

・人が 多い場所ではリードを短く
 持つなど周囲への配慮も。


  [↑ページTOPへ]